社員情報 日本一鶏肉研究所(株) 通称:とりけん

「日本一鶏肉研究所」とは? 

日本一鶏肉研究所株式会社は、肉用鶏を育てる養鶏農場です。 

社名の”日本一”は、鶏の健康を一番に考える日本一になりたい・お客様第一の考えで鶏の飼育を行う日本一になりたい・命を大切に出来る農場日本一になりたい・従業員がやりがいをもって働ける日本一になりたいなどといった意味が込められています。

また研究所とした理由は、単なる生産農場で毎日同じことを繰り返すのではなく、日々もっと良くなるための努力を惜しまず、つねに進歩し続けたいとの想いを込めた証です。

私たちは、「美味しい鶏」=「健康で元気な鶏」という基本的な考え方を持っています。

鶏が持つ本来のポテンシャルを最大限発揮できるように、鶏が感じるストレスが少ない環境づくり・元気に健康に育っていくための基盤となる餌・こまめな飼育管理を徹底して「健康で元気な鶏」を育てていきます。

 生産農場 
グループ直営農場での鶏の生産
大分県 4農場 37万羽               ・うまかハーブ鳥 45万羽
熊本県 4農場 15.5万羽              
・肥後のうまか赤鶏 7.5万羽


「日本一健康な鶏を育てたい男」

取締役 生産部 部長

重松 善人

ラナファーム㈱ 取締役 生産部長
6次産業化プロジェクトリーダー



【 コメント 】

鶏肉を製造する過程では徹底した衛生管理の中で消毒・殺菌が必要な場合がありますが、鶏を育てる環境においては必ずしもそうではありません。徹底した消毒は鶏が本来持っている抵抗力を弱らせ病気になりやすくするからです。できるだけ自然に近い環境で衛生的に飼育するために私たちは鶏の寝床に「もどし堆肥」を採用しています。「もどし堆肥」とは、自然の中に存在する微生物を利用して発酵の力によって衛生的な環境を作り上げる飼育方法です。決して簡単ではありませんが社員一同頑張っています。

私は生き物が好きで「鶏を育てる」仕事にハマりました。相手が生き物ですので正解が難しいですが現場の意見を第一に日々みんなで話し合いより良い方法は何かを考えていますのですごくやりがいのある仕事だと思っています。また命の大事さを皆で共有できているところが好きなところです。

お客様から笑顔を頂くことが私たちの幸せであり、私たちの使命だと感じています。
これからも「笑顔の食卓」を広めることを目標に様々な取り組みを行いたいと思っています。


 捕鳥係 

生産農場で処理する分の生鳥を捕まえカゴに入れ、トラック積み込み、処理場の処理時間に合わせて運搬しています。
生産者からお預かりした大事な商品ですので、健全な状態を保って処理場に届けるように万全を尽くして努めています。

【 部門方針 】

ジャストインタイムで死鳥を少なく歩留りアップ

捕鳥係 係長

金光 裕彰


趣味:料理すること


【 コメント 】

夜中に農場に行って、鶏が驚いて暴れないように電球の明かりも薄暗い状態の中、カゴに7羽ずつ入れてトラックに積み込みます。大変な仕事ですが捕鳥してから搬入までの時間が掛かると運搬中に弱ったり死んでしまったりする場合があるので細かな計画を立ててなるべく早く短時間でできるように努力しています。
そうすることで生産者や処理場の利益に繋がって、もっと喜んでもらえるようにこれからも頑張っていきます。



会社概略

会社名日本一鶏肉研究所株式会社(食肉用鶏生産農場)
所在地〒861-0311 熊本県山鹿市鹿本町石渕1103-2
農場名飼育鶏種住所
肥後農場
肥後のうまか赤鶏
熊本県山鹿市蒲生
山鹿農場
肥後のうまか赤鶏
熊本県山鹿市久原
菊池農場
うまかハーブ鳥
熊本県菊池市原字牛ヶ原
小谷農場
うまかハーブ鳥
大分県日田市高瀬本町小谷
豊後農場
うまかハーブ鳥
大分県杵築市山香町野原鹿鳴越
影の木農場
うまかハーブ鳥
大分県大分市上戸次
山浦農場
うまかハーブ鳥
大分県杵築市山香町山浦
お問い合わせはこちら
-お知らせ-

2019.5

雑誌「日経トレンディ6月号」の九州・山口発平成の代表商品という特集ページに「肥後のうまか赤鶏」が掲載されました。

2018.10.12

熊本県より「ブライト企業」更新認定(2期連続)を受けました。

2017.4.14

食肉産業展(東京ビッグサイト)で行われた第13回地鶏・銘柄鶏好感度コンテストにて弊社のうまかハーブ鳥】がノミネートされた11銘柄の中から優良賞を頂きました。

2017.2.23(木)

クラウドファンディングへのご協力ありがとうございました。

2016.6.2

「うまかハーブ鳥」がiTQi(国際味覚審査機構)の2016年iTQi国際優秀味覚コンテストにおいて「優秀味覚賞一つ星」を受賞しました。

メールからのお問い合わせ

お客様に安全・安心な商品を提供するため『食品安全マネジメントシステム』の国際規格である<ISO22000>の認証を2011年9月15日に取得しました。